asd asdsa f
zerocut
FX 稼ぐ

FXで稼ぎたいなら追証なし・ゼロカットシステムは必須!

0 169

米ドル

FXは手数料が安く、利便性の高い商品とはいえ、為替レートの変動により利益を得られることがあれば、損をすることもあります。

トータルで稼ぐために重要な事は為替レートが急変しても、損を最小限に抑えるよう、あらかじめ逆指値注文などの損切り注文を入れておき、想定以上の損をしないように備えておくこと。

これまでもリーマンショック、東日本大震災、中国の景気減速懸念、ギリシャ危機などに端を発した金融市場の混乱により、為替レートが一時的に大きく変動したことがありました。

そのような時には、逆指値注文を入れておいても、その値よりもはるかに大きく為替レートが動いて損失が拡大し、日本FX業者で取引している投資家は口座がマイナスになり借金を背負ってしまう事態が何度も起きています。

逆指値注文を入れておいても、また、日本では義務付けられているロスカット制度があっても、為替が急変した時には赤字を回避する術がないのが現状なのです。

海外FX業者の優れたリスク管理制度「ゼロカットシステム」

zerocut

海外FX業者には、為替レートがどんなに大幅に急変しても顧客の資産はマイナスになることがない、「ゼロカットシステム」という仕組みを導入している業者があります。

例えば、5万円入金後に1万米ドルを「買い」で保有している時、ドル円レートが円高ドル安方向に進み、4万円の評価損を抱え、時価評価額が1万円だったとします。

この時に、何らかの大きな経済ニュースが発表され、レートが急に2円下がるとどうなるでしょうか。

この時、日本の業者ではロスカットが作動するのは2円下がった後で、資産は1万円から-1万円となった時点で強制決済となり、顧客には1万円の借金が残ってしまいます。

一方、海外FXの「ゼロカットシステム」を採用している業者であれば、顧客の資産がマイナスでロスカットされても、そのリスクを顧客に負わせるのではなく、業者が0円にリセットしてくれるのです。

つまり、上記の場合、日本のFX業者であれば資産が-1万円となってしまうところ、海外FXであれば資産が0円となり、投資家の資産が赤字になることはないのです。

高レバレッジでも「ゼロカットシステム」があるから安心

海外FXがなぜ日本の個人投資家に人気があるか。その人気の最大の秘密はこの「ゼロカットシステム」と「高レバレッジ」の組み合わせによるものなのです。

日本の業者のように口座がマイナスになる仕組みの場合、レバレッジ500倍、1,000倍などの高レバレッジでは、怖くて取引をすることができません。

レバレッジが高ければ高いほど、リスクも大きくなり為替の急変により莫大な損失を抱えてしまう可能性があるからです。

高レバレッジで取引しても自分の資産がマイナスになることはなく、最悪でも「0円」で収まる。つまり海外FX業者は自分が口座に入金した金額以上の損失を抱えることがなく安心して取引できるため日本の投資家にも人気なのです。

日本の業者では投資は投資家の自己責任となり、資産がマイナスになると、すぐに業者から入金の催促の電話がかかってきます。このような投資家目線の制度については、日本の業者にも見習ってもらいたいものです。

About the author / 

rocky

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *