asd asdsa f
会社
FX 稼ぐ

稼ぐためにFX会社を知ろう!国内FXの特徴

0 78

Fxtrading

「リスクを抑えて取引したい!」、「レバレッジは25倍未満で十分」、「何よりも会社の健全性を求めたい」。そのようなあなたには国内のFX業者での取引がお勧めです。

FXの口座を開設する際には、国内FX業者または、海外のFX業者の2つの選択肢がありますが、ここでは国内FX業者のサービスに焦点を当てて、特徴とメリットをご紹介します。

国内FX業者5つの特徴

1.顧客サポート体制が充実

初心者の方は特に、口座開設から取引方法、パソコン操作まで慣れないうちは分からないことが多く、困ることがあります。

国内のFX業者であれば日本語で専用のサポートセンターに電話、メールなどで問い合わせることが可能です。

中には24時間対応、電話代が無料の業者も。サポートを受けることにより、疑問を解決しながらFX取引をスムーズに行うことができるので困っても慌てなくて大丈夫!

2.取引コストが安い

今や国内FX業者における取引手数料は無料が当たり前で、コストは売り買いのレートの差であるスプレッドのみとなりました。そのスプレッドもドル円は0.3銭〜、ユーロ円で0.5銭〜と驚きの低コスト!

日本の業者が提示するスプレッドは世界最安で、銀行間レートと同等の水準まで低下しています。取引コストをなんとしても抑えたいという方は国内業者で取引するのがベストです。

3.取引ツールが充実

パソコン、タブレット、スマートフォンとFXを取引する際にはそれぞれのデバイスに最適化された取引ツールが提供されています。

家ではパソコンで高機能ツールを使って取引、外出先ではスマホのアプリで発注といったように、あなたのニーズに合わせたツールで取引できますよ。

4.会社の健全性が高い

10年ほど前はFX業者に対して規制が整備されておらず、会社が倒産して顧客の預け入れ資産が戻らないといった出来事も起きました。

こうしたことを受け、FX業者の監督官庁である金融庁により業者が遵守すべきルールが強化された結果、国内FX会社の健全性が増し資金が返還されないといったトラブルは皆無に。

顧客の資産は「信託保全」というスキームでしっかり守られ、業者は定期的に資産状況を当局へ報告し、検査を受けているのです。国内業者の健全性は海外業者と比べると大きなアドバンテージとなります。

5.1,000通貨のミニ取引もできる

通常、FXの取引は1万通貨単位からとなりますが、1,000通貨単位の小口からの取引を提供している会社が多く存在します。

これは、「まずは小口で取引してツールの使い勝手を確認したい。」、「複数通貨のポジションを保有したい。」といった投資家のニーズに応えるもので、初心者の方は1,000通貨で試しに取引してみて、取引の流れを確認してみるとよいでしょう。

国内FX業者を大きく分けると「FX専業会社」と「証券会社」の2通りある

会社

国内のFX業者を大きく分けるとFXのみを扱っているFX専業会社と、株式や投信、先物など他の金融商品も取り扱っている証券会社の2通りに分けることができます。

FXだけ取引する場合はFX専業会社で口座開設、他商品も興味があるという方は証券会社で口座開設をすると取引の利便性が高まるでしょう。

証券会社で口座を開設すると、ID、パスワードの他、資産状況などの口座管理を一元化できるメリットがあります。

確定申告をする際には複数業者から書類を取り寄せるより、1社から一度にまとめて提出してもらうことで手間隙を省くことができます。

また、証券会社の中には、保有している株式や投信を担保にFXを取引できる業者もあり、資金効率を高めて取引することも可能です。

国内にあるFX取引業社は約60社。この中からあなたのニーズを満たしてくれる業者で口座を開設し、FX取引を楽しみましょう。

About the author / 

rocky

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *