asd asdsa f
usdoller
FX 稼ぐ

スワップポイントで稼ぐ。徹底解説

0 41

pound

FX取引で稼ぐためには、売買で収益を上げる方法とスワップポイントでコツコツ稼ぐ方法の2通りあります。

売買で稼ぐためにはファンダメンタルとテクニカルの知識だけでなく、トライアンドエラーで経験を積み、さらに時には運も必要。それでも絶対に勝つということはなく、どんな優れたトレーダーでも連戦連勝とはいきません。

一方、スワップポイントは長期的に見るとかなりの確率で稼ぐことができます。

FXの初心者はいきなりハイレバレッジでデイトレードやスキャルピングをするのではなく、FX取引に慣れるためにもまずはスワップポイントでの収益を目的とした中長期の投資から始めることをお勧めします。

ここではスワップポイントで稼ぐ方法を学びましょう。

スワップポイントで稼ぐ方法

usdoller

有利なスワップポイントを提供する業者で取引する

FX業者のレート表を見ると、各通貨ペアのレートの他に、1日あたりのスワップポイントの金額が表示されています。

同じ通貨ペアでもスワップポイントは各業者が決めるので、業者ごとに金額は異なり、NZ円や豪ドル円などの高金利通貨ペアのスワップポイントが高い業者と、買いと売りの金額の差が少ない業者は良心的といえます。

業者毎に金額が異なる理由は、FX業者はカバー先の金融機関ともスワップポイントの受払いを行い、顧客へのスワップポイントの支払い分との差を収益としており、顧客に払うスワップの金額は他社と比較しながらも、できれば少なくしたいというのが本音なのです。

NZドル円の1万通貨のスワップポイントが買50円/売り53円の業者Aと買い43円/売り49円の業者Bであれば、A社の方が買いのスワップが50円とB社よりも高く、さらに買いと売りの金額差が小さいので、投資家にとってはA社の方が有利なスワップポイントを提供していると言えます。

スワップポイントが仮に1円違うだけでも1ヶ月だと30円、1年間だと360円、10万通貨保有している場合はその10倍となるので、その金額差は小さくありません。

スワップポイントを目的とした取引をする場合、業者を選ぶ際にはこの2点(スワップポイントが高い事、売り買いの差が小さい事)を重視しましょう。

スワップで稼ぐためには中長期で投資する

スワップポイントを決める基準となるのは、各国の政策金利で日本はほぼ0%、アメリカは0.5%のためドル円を買っても得られるスワップポイントはわずか。

しかし、オーストラリアの金利は2%、NZは2.5%、南アフリカは7.5%で推移しており、これらの通貨を保有している場合はまとまった金額を得る事ができ、1ヶ月保有すると1万通貨あたり1,000円を超える金額となります。

なお、これらの通貨を売りで保有している場合は逆に支払う必要があるので、注意してください。

スワップ目的の取引をしていても、レートが下がってしまうと、為替変動による損失が発生してしまいます。

NZドル円を1万通貨保有している場合、年間で得られるスワップポイントは50円×365日の約1万8,000円ほど。

これをレートの変動分に換算すると、1.8円下落すると為替の変動による損とスワップポイントの利益が相殺され0円ということになります。

2年間だと3.6円、3年だと5.4円分に相当し、長期で持てば持つほど、スワップ金利のメリットを享受可能です。

スワップポイントで稼ぐためには、日々の為替レートに一喜一憂せず、中長期で高金利通貨を保有し、定期預金の感覚で取引するようにしましょう。

About the author / 

rocky

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *